So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本、14日カメルーン戦=ドイツ、セルビアなどが初戦―W杯サッカー(時事通信)

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)時事】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、4大会連続出場の日本は第4日の14日、当地のフリーステート競技場で午後4時(日本時間同日午後11時)から、カメルーンと1次リーグE組の初戦で対戦する。2002年日韓大会以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指す上で重要な一戦。前日の13日は試合会場で公式練習を行う。
 第3日の13日は1次リーグ3試合が行われ、C組ではポロクワネでアルジェリアとスロベニアが対戦。D組ではセルビアとガーナがプレトリアで顔を合わせ、過去3度優勝のドイツはダーバンでオーストラリアとの初戦に臨む。 

【関連ニュース
【現地ルポ】こちら南アフリカです
【サッカーW杯】W杯十番勝負
〔Off Time〕サッカー日本代表対戦国・カメルーン料理
〔写真特集〕岡田ジャパン「いざカメルーン戦」
テレビ販売、W杯特需乏しく=1年半ぶり減

<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
大阪−東京個室の旅〜寝台特急「サンライズ」の実力(産経新聞)
<北教組違法献金>小林議員が衆院議長に辞職願、許可される(毎日新聞)
辞職は国会閉幕後=小林議員(時事通信)
<ペット葬祭業>登録制に 動物愛護法改正で−−環境省方針(毎日新聞)

民主代表選 4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の辞任表明に伴い4日に行われる民主党代表選で、菅直人副総理兼財務相が2日、出馬を表明した。鳩山内閣のナンバー2で知名度も高い菅氏が有力との見方が党内に広がっている。枝野幸男行政刷新担当相は同日、記者団に「首相にふさわしい一人」と菅氏支持を表明。焦点は小沢一郎前幹事長の動向だが、枝野氏は菅氏に小沢氏と距離を置くよう求めた。小沢氏に近いグループからは原口一博総務相や樽床伸二衆院環境委員長を推す声も上がり、「小沢系」対「非小沢系」の駆け引きが激しくなっている。【竹島一登】

 民主党代表選は4日午前9時から10時までに立候補の届け出を受け付け、11時からの両院議員総会で所属議員の投票により新代表が決まる。小沢氏に近い山岡賢次前国対委員長は2日夜、衆参両院の首相指名選挙と組閣も4日中に行う異例のスピード日程を検討していることを明かした。菅氏が後継首相になる場合を想定し、政府と党の人事を最小限に抑えることによって小沢氏の影響力を残す思惑もちらつく。

 菅氏は2日夕、首相官邸で鳩山首相と会談し、代表選に立候補する意向を伝えた。首相は「頑張ってください」と応じた。菅氏は記者団に「昨年秋(の政権交代で)国民が期待したことを鳩山首相が実らせる時間的余裕がなかった。それを引き継ぎ、政治とカネの問題にきちんとけじめをつけたい」と語り、鳩山内閣の政策を継承する姿勢を強調した。

 菅氏は側近議員との会合で「どこから推されるかでなく、自分で決めてやる」と述べ、小沢氏に担がれる形の出馬ではないことを強調。首相との会談後、前原誠司国土交通相とも会い支持を求めた。菅氏と電話で話した枝野氏は2日夜、記者団に「鳩山首相の言った政治とカネの問題にしっかりとけじめをつけ、リセットするのであれば、個人的には応援できたらいいと思っている」と述べた。

 前原、枝野両氏らのグループは同日夜、東京都内で協議し「菅氏が小沢氏を切れるかどうかを見極めて対応を決める」との方針を確認した。その後、枝野氏は菅氏の側近や野田佳彦副財務相グループのメンバーとも会い、「非小沢系」の連携を模索。横路孝弘衆院議長に近い十数人が集まった会合でも菅氏を支持する声が出て、結論は出さなかったものの、幹部は「常識的に言えば菅さんだ」と語った。一方、野田氏は不出馬の考えを示した。

 カギを握るのは最大勢力の小沢氏に近いグループの動向だ。三井辨雄前国対委員長代理や松本剛明衆院議院運営委員長ら約40人が集まった会合では「(無投票ではなく)代表選をちゃんとやるべきだ」として樽床氏に出馬を促す意見が出たという。菅氏が「非小沢系」に軸足を置かないようけん制する狙いもあるとみられる。

 小沢氏周辺から擁立論の出ている原口氏は「今は戦うときじゃない」と出馬を否定した。

【関連ニュース
民主代表選:重要法案成立困難に、「郵政」は廃案か
民主代表選:菅氏つかず離れず 小沢系との連携慎重
鳩山首相退陣:官僚にも衝撃 重要法案廃案の恐れも
鳩山首相退陣:「捜査の影響分からない」 法務・検察幹部
鳩山首相退陣:「自業自得」「後任期待」…知事に失望感

<ナイナイ>岡村さん公演延期 体調不良(毎日新聞)
<医療ミス>1億3674万円支払いへ 愛知・碧南(毎日新聞)
「菅首相」午後誕生へ=新内閣、今夜にも発足―幹事長に仙谷、岡田氏浮上(時事通信)
<ポルシェパレード2010>全国から愛好家が集まり「聖地」を走行(毎日新聞)
薬局チェーンに強盗90万円奪う 奈良・大淀(産経新聞)

参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)

 岡田克也外相は29日午後、三重県桑名市などで講演し、今夏の参院選について「民主党は大きな逆風の中にあり、かなり負ける可能性がある」との厳しい認識を明らかにした。この後、記者団に「鳩山由紀夫首相を先頭にどう盛り返すかを訴え、内閣として実績を上げたい」と述べ、鳩山首相の下で選挙を戦うべきだとの考えを示した。
 岡田氏は講演で、「逆風」の原因として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で地元沖縄の月内の合意取り付けに失敗したことなどを挙げ、「民主党は期待外れだとの声を全国で聞く。そういう面は率直に認める」と語った。
 また、「自民党が支持を失った理由の一つは、小泉政権の後、首相が1年ごとに交代したことだ。首相や外相が毎年代わっていてはきちんとした政治はできないし、外交で深い議論もできない」と訴えた。 

【関連ニュース
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

国道の側溝に男性切断遺体 新潟・村上(産経新聞)
サッカー日本代表も七転び八起き!?(産経新聞)
現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)
普天間移設 地元、猛反発(産経新聞)
名鉄 特急電車の裏側に子どもも興味津々 でんしゃまつり(毎日新聞)

<傷害容疑>女装して銭湯、見つかり暴力 防衛省の技官逮捕(毎日新聞)

 女装して銭湯の女湯に侵入し、逃走の際に男性経営者に重傷を負わせたとして、警視庁代々木署が防衛省技術研究本部の防衛技官、寺本康博容疑者(42)=東京都立川市=を建造物侵入と傷害容疑で現行犯逮捕していたことが分かった。同署によると、寺本容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、17日午前0時すぎ、渋谷区笹塚2の銭湯の女湯脱衣所にカツラ化粧で女装して侵入。発覚して逃走しようとした際に30代の男性経営者を突き飛ばし、足に3カ月の重傷を負わせたとしている。寺本容疑者は約30メートル逃げたところで通行人の男性(30)に取り押さえられた。

 防衛省広報課は「誠に遺憾。なお一層の指導・教育を徹底し、再発防止に万全を期す」とコメントした。【内橋寿明】

【関連ニュース
<女装して…>売春容疑で逮捕した16歳の「少女」が、実は少年
<女装して…>ベルリン五輪の独代表は女装した男性だった
今週の本棚:『「女装と男装」の文化史』=佐伯順子・著
今週の本棚:『楊貴妃になりたかった男たち…』=武田雅哉・著
小栗旬 ソニー・エリクソン携帯のCMで女装姿も(08年7月)

<国際バラとガーデニングショウ>21万人が来場し閉幕(毎日新聞)
<放鳥トキ>カラス卵2個持ち去る ふ化の期待あと1組に(毎日新聞)
ブラジルに「平和資料館」…長崎の被爆者ら(読売新聞)
明治天皇初の詔書、草案発見=東京遷都で京都に配慮―広島(時事通信)
法人税引き下げ提示 民主マニフェスト企画委(産経新聞)

公明・山口代表 「政倫審は公開で」 民主・小沢氏に(産経新聞)

<時効廃止>改正刑事訴訟法が成立 即日施行目指す(毎日新聞)

 人を死亡させた罪の公訴時効を見直す改正刑事訴訟法が、27日午後の衆院本会議で与党と自民、公明党などの賛成多数で可決、成立した。28日午前0時に時効が迫っている事件があり、政府は、同日の持ち回り閣議後の公布、施行を目指している。施行後は、時効を迎えていない未解決事件にも適用される。公訴時効制度の見直しは、期間を延長した05年の改正以来5年ぶり。殺人など一部の罪の公訴時効が廃止されるのは刑事訴訟法の前身である治罪法制定(1880年)以来初めてで、刑事政策の転換となる。

 殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる12の罪は、現行の25年から時効廃止とした。強姦(ごうかん)致死など上限が無期懲役刑の場合は30年(現行15年)、傷害致死や危険運転致死など上限が懲役20年の場合は20年(同10年)、自動車運転過失致死や業務上過失致死などその他の懲役・禁固刑は10年(同5年)と、それぞれ倍に延長した。

 過去の事件でも、時効が成立していなければ適用対象となり、法定上限が死刑である罪の場合、即日施行なら95年4月28日以降に発生した未解決事件は時効が廃止される。

 同日に岡山倉敷市で起きた夫婦殺人放火事件をはじめ、八王子スーパー強盗殺人事件(95年7月)や、東京葛飾区の上智大生殺害事件(96年9月)といった過去15年間に設置され、未解決である373の殺人などの捜査本部で捜査が継続される。ただし、捜査当局が、相当の期間が経過し、犯人が死亡していると推定した時点で不起訴処分とし捜査は終結する。

 証拠保管や捜査態勢の継続など捜査上の課題は残る。衆参両院の法務委員会は付帯決議で、(1)冤罪(えんざい)が発生しないよう捜査資料や証拠物の適正な保管(2)初動捜査態勢など捜査力の向上(3)法改正効果の検証(4)医療事故捜査で医療の萎縮(いしゅく)がないよう努める−−などを求めた。【石川淳一】

【関連ニュース
時効廃止:改正刑事訴訟法成立へ 未解決事件にも適用
公訴時効見直し:刑事訴訟法改正案が参院通過 衆院へ送付
公訴時効見直し:参院法務委で改正案可決 連休明け成立へ
公訴時効見直し:刑訴法改正案が参院法務委で審議入り
長官狙撃事件:時効で容疑者不詳のまま不起訴 東京地検

【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)
<坂本龍馬>「いろは丸」ポルトガルから購入 通説覆す購入契約書判明(毎日新聞)
防衛省職員が万引き容疑、手芸専門店で14点(読売新聞)
<口蹄疫>農家に支援策 農相発表(毎日新聞)
首相動静(4月21日)(時事通信)

下請代金減額は違法、日産子会社に公取委勧告(読売新聞)

 日産自動車の子会社「日産サービスセンター」(神奈川県座間市)が、下請けの自動車整備業者に支払うべき代金から計2365万円を減額したのは下請法違反(下請代金の減額禁止)にあたるとして、公正取引委員会は16日、再発防止などを勧告した。

 公取委によると、日産サービスセンターは2008年2月から09年1月まで、下請業者35社に対し、代金から4%を値引くなどしていた。日産サービスセンターは、すでに減額した代金を各業者に返還しており、「今後、再発防止を徹底したい」としている。

偽装献金事件 首相「来週にはすべて決着」(産経新聞)
放火殺人 焼け跡から2遺体 女性の首絞めた跡 富山(毎日新聞)
<松本清張賞>村木嵐さんの「マルガリータ」に(毎日新聞)
有床診入基料の施設基準に係る届け出期限、26日まで延長―厚労省(医療介護CBニュース)
<足利事件>遺族に警察担当者が謝罪(毎日新聞)

<宮崎家族3人殺害>奥本容疑者 妻と義母殺害容疑で再逮捕(毎日新聞)

 宮崎市の家族3人殺害事件で、宮崎県警は13日、妻と義母を殺害したとして、同市花ケ島町、無職、奥本章寛(あきひろ)容疑者(22)を殺人容疑で再逮捕した。また、宮崎地検は同日、長男雄登ちゃん(当時6カ月)の殺人と死体遺棄罪で奥本容疑者を起訴した。

 再逮捕容疑は3月1日午前5時ごろ、自宅で妻くみ子さん(当時24歳)と義母池上貴子さん(同50歳)を殺害したとしている。捜査関係者によると、奥本容疑者は「2人を金属製ハンマーで殴り殺した。離婚話があり、慰謝料を請求されるのが嫌だった。1人になりたかった」と供述しているという。死因はともに頭部打撲による脳挫滅の可能性が高いという。

 また、起訴状などによると、奥本被告は3月1日午前5時ごろ、寝ていた雄登ちゃんを台所に運んで首を絞め、口にティッシュを詰めて風呂に沈め殺害。午後9時ごろ、近くの建設会社資材置き場に遺棄したとされる。【川上珠実】

【関連ニュース
宮崎3遺体:奥本容疑者「3人を殺した」と供述始める
男逮捕:6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎

<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
JR西社長 国交相に改善状況報告 報告書漏えい問題で(産経新聞)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
<幸田町汚職>容疑の町議 弟から報酬、一部受領 (毎日新聞)
<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)

田辺三菱製薬に再発防止申し入れ 日本薬剤師会(産経新聞)

 田辺三菱製薬(大阪市)と子会社のバイファ(北海道千歳市)が血液製剤「メドウェイ」製造過程のデータ改竄(かいざん)などで厚生労働省から業務停止命令を受けた問題で、日本薬剤師会(児玉孝会長)は15日、再発防止策と信頼回復に向けた具体的な行動を文書で示すよう両社に申し入れた。

 申し入れ書では「正しくなく、虚偽で、不正なデータを用いて、人の生命に直結する医薬品を供給したばかりか、その事実を会社ぐるみで隠蔽(いんぺい)しようとした、著しく悪質な事例と受け止めている」と厳しく批判した。

 同会による企業への申し入れは、後発医薬品大手、大洋薬品工業(名古屋市)が3月、誤った配合量の薬を製造し、岐阜県から薬事法に違反するとして、業務停止命令を受けた問題に続き、最近では2度目。

 同会の石井甲一専務理事は「医薬品全般に対する信頼を損なう問題が2度も続き驚いている。できる限り早く信頼回復に向けた具体策を示してほしい」と話している。

【関連記事】
薬害エイズ訴訟、和解勧告を製薬企業側が拒否 大阪地裁
田辺三菱業務停止 問われる薬事行政の信頼
田辺三菱業務停止 子会社が組織的にデータ改竄 
田辺三菱業務停止 「許せない」憤る薬害被害者
田辺三菱製薬、横浜に新研究棟を建設

宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)
寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)
<火災>住宅全焼、焼け跡から男性遺体 千葉・富津(毎日新聞)
【麗し大和】(15)柳生みちの仏たち(産経新聞)
最高裁 岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)

タクシーに引きずられ重傷 客と運転手が口論か(スポーツ報知)

 大阪市中央区南船場の路上で10日午後11時55分ごろ、同市阿倍野区の会社員・谷口晃一さん(29)がタクシーにしがみついて約50メートル引きずられ、肩甲骨や肋骨(ろっこつ)数本を折るけがを負った。大阪府警南署が殺人未遂容疑で運転手、車両の特定を急いでいる。

 南署によると、谷口さんは接客態度をめぐって運転手の男と口論になり、車外で暴力を振るわれたと説明しているという。運転手がそのまま車に乗り込み発進したため、半開きになっていた運転席のドア周辺の車両部分にしがみつくと、転倒するまで引きずられ、道路上に投げ出された。片側3車線の中央車線に倒れていたところを救出され、入院した。

 長堀通は、大阪市内を東西に結ぶ主要道路のひとつ。昼夜問わず交通量が多く、後続車にひかれてもおかしくない状況だった。車はそのまま東の方向へ逃げたという。運転手は40〜50歳ぐらい。谷口さんは酒を飲んでいた繁華街の北新地からタクシーに乗り、帰宅中だった。

 【関連記事】
南船場 阿倍野区 大阪府警 調べる

普天間、沖縄負担軽減を強調=10年版外交青書(時事通信)
検察官役の弁護士追加 JR西3社長起訴議決で4人目(産経新聞)
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明(産経新聞)
ひき逃げ容疑で内装業者逮捕=路上の男性死亡−警視庁(時事通信)
西部ガス狙い連続発砲か=幹部親族宅にも弾痕、けが人なし−福岡(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。